レビュー

【カインズ】キャリコは使いにくいって本当?【1年使ってみた感想】


今回はカインズの大人気収納ケース「キャリコ」について、一年以上使用している私が感想と製品の特徴をまとめていきます。

キャリコについてまとめようと思ったきっかけとしては、「キャリコ 使いにくい」という検索ワードを見つけたからです。

愛用者からするとこの検索ワードは放っておけないので、早速ですが私なりの感想をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

キャリコは使いにくいのか

結論からお伝えすると、キャリコは使いにくくありません。

なぜ検索ワードに「キャリコ 使いにくい」がでてくるのか不思議に感じてしまうほど、便利で使いやすい収納ケースとなっています。

使いにくいところを強いていうとしたら、下のほうの収納物が若干取り出しづらいことぐらいです。
フタが下まで開く仕様にはなっていないので、下のほうの収納物を取り出すときに開口部に少し引っかかってしまいます。

ただし、開口部は次の画像のように斜めになっており、気になるほど引っかかるわけではないので、特に問題ありません。



それよりも圧倒的に便利な機能なほうが多いので、今回はそちらにスポットを当てて紹介していきたいと思います。

先にどういった機能があるのか簡単にまとめると、こんな感じです。

  • フタが途中で止まるので出し入れしやすい
  • ぴったりスタッキング(積み重ね)できる
  • キャスター付きでラクラク移動

これらに加えて、部屋になじむデザイン、カラー・サイズが豊富といった特徴まで。

詳細については、次の項目にて画像つきで紹介していきます。

スポンサーリンク

キャリコの特徴

キャリコの特徴を5つにしぼって、順番に解説していきます。

①:フタが途中で止まるので、出し入れしやすい!

これがキャリコの一番の特徴だと思っています。

「フタがないと生活感でちゃうけど、フタがあると邪魔なんだよな…」
その悩みを解決するのが、このキャリコです。

フタがあることによって生活感を隠しつつ、画像のような角度でフタがカチッと止まるため、出し入れもしやすくなっています。

1段で使用するなら、カチッと止まった後さらに上まで開くことも可能です。
また、上にキャリコをスタッキングしていても、フタがぶつからないところでカチッと止まるようになっているので問題ありません。


カチッと止める時も解除して閉める時も力はほとんど必要ありませんので、お子さんでも簡単に使用することができます。

②:ぴったりスタッキングできる!

ぴったりスタッキングできるので、数段積み重ねてもすっきりとした印象になります。

異なるサイズ同士でもきれいにスタッキングできるので、収納物の種類によってキャリコのサイズを変えるのもありです。

③:キャスター付きでラクラク移動!

キャスターが4つ付いているので、重いものを収納していてもラクラク移動させることができます。

S・Mサイズの場合は前後にのみ動かすことができます。
別途購入になりますが、自在キャスターに付け替えることで左右にも動かすことができます。

また、Lサイズの場合は90度向きが変えられるキャスターが付いているので、向きを変更すればその方向へ動かすことが可能です。


次の画像は、Mサイズのキャスターとなっています。

④:デザインがいい!

キャリコは部屋になじむように、映り込みの少ないマット加工がされています。
それにより、収納ケース感をあまり感じさせないため場所を問わず置くことが可能です。

カラーバリエーションも多彩なので、それぞれの部屋にあったキャリコを選ぶことができます。

カラーバリエーションは次のとおりです。

  • スモーキーベージュ
  • ナチュラルブラウン
  • シックグレー
  • シンプルホワイト
  • エールイエロー
  • ウインドブルー
  • スモーキークリア

落ち着いた雰囲気の色から、子供部屋にぴったりの明るい色まで用意されています。

⑤:サイズが豊富!

キャリコには、S・M・Lサイズの3つが用意されています。
上でも少し書きましたが、異なるサイズ同士でもきれいにスタッキングすることができます。


それぞれの収納目安は、次のようになっています。

  • Sサイズ:フェイスタオル約6枚
  • Mサイズ:Yシャツなら約10枚、バスタオルなら約6枚
  • Lサイズ:セーターなら約6枚、バスタオルなら約10枚


また、別シリーズで「キャリコ プラス ジュニア」という製品もあり、キャリコの上にのせることができます。

次の画像は、キャリコMサイズの上に「キャリコ プラス ジュニア」を2つのせたものです。

サイズ感も丁度いいので、靴下入れに使用しています。上部にもフタがついているので、上からの出し入れも可能となっています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、カインズ「キャリコ」の紹介でした。


最後にもう一度特徴をまとめておきます。

  • フタが途中で止まるので、出し入れしやすい!
  • ぴったりスタッキングできる!
  • キャスター付きでラクラク移動!
  • デザインがいい!
  • サイズが豊富!


たくさんの機能がついていることに加えて部屋になじみやすいデザインなので、かなり優れた収納ケースだといえます。

実際に私自身、キャリコMサイズ3つとキャリコプラスジュニア2つを1年以上愛用しています。
主に、日常的に使用するインナーなどを収納していますが、フタが途中でカチッと止まるので、毎日出し入れしても全くストレスはありません。
掃除のときについても、キャスターが付いているのでラクラク移動させることができます。



また、キャリコは次のような収納ケースが欲しい方におすすめしたい製品となっています。

  • 部屋の景観を損なわない収納ケース
  • 出し入れしやすい収納ケース
  • さまざまなサイズを組み合わせられる収納ケース

気になった方は、ぜひカインズのキャリコ紹介ページを見てみてください!

そのほか、収納ケースの購入で迷っている方は、アイリスオーヤマ天馬の収納ケースもシンプルで使いやすくなっているので、参考にしてみてください。

そして次の記事では、同じカインズ製品の「ワンタッチ7連ハンガー」「干す時に傾かない洗濯ハンガー」を紹介していますので、毎日の家事を少しでも軽減させたい方や、カインズに良く行かれる方はぜひ見てみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。