レビュー

【ニトリ】マットレス ZERO LIGHT2 VBのレビュー!

今回は、毎晩お世話になっているニトリのマットレス「ZERO LIGHT2 VB」のリアルな口コミとして、レビューと製品情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

ZERO LIGHT2 VBの口コミ

実際に使ってみた感想を書いていきます。

参考までに、私は175cm、約60kgのやせ型の男性です。

そして次の画像は、実際に使用中のベッドとマットレスになります。

ニトリ マットレス ZERO LIGHT2 VB

寝心地は?

ズバリ、最高です!

ニトリの店舗にて、実際に何種類ものマットレスに寝てみて選び抜いた甲斐がありました。(あれは恥ずかしかった。。)

商品には「硬さ ふつう」との表記がありますが、適度に固く体が沈み過ぎないので、しっかりと体が支えられている感じがします。寝返りも楽にすることができます。

音や振動は?

音については全く気になりません。

大きく体を動かすとコイルとコイルを包む小さな筒状の袋が縮み、「モギュッ」というような音はしますが、小さいですし耳障りな音には感じません。勿論、その音で目が覚めてしまったなんてことは一度もありません。むしろこのマットレスに変えてから就寝中に目が覚める回数が減ったくらいです。

振動に関しても全く気になりません。

上記の特徴で書いた通り、コイルが独立しているため振動などが広がりにくいです。
具体例として、マットレスに仰向け(大の字)になっている状態で右足を上げてストンと下ろしても、左足はあまり振動を感じません。衝撃があった周辺だけの振動に抑えられている感じがします。振動に関しても、そのせいで目が覚めてしまったことは一度もありません。

総合評価

総合評価としては、大満足です。

機能性が優れているポケットコイルが450個も内蔵されているにも関わらず、値段もお手頃だったのでとても満足しています。

特に、硬めのマットレスがお好みの方にはおすすめです。
やわらかすぎないのにしっかりとコイルが体を支えてくれるので寝心地抜群です!

私は就寝中の物音などに敏感な方ではありませんが、音や振動が全く気にならなかったという点もポイントが高いです。

いくら気持ちの良い寝心地でも音のせいで目が覚めてしまったら台無しですからね。。敏感な方は店舗に行き実際に寝てみて確認したほうが確実かもしれません。


とにかく言いたいことは、コスパ最高!!!ということです。
お試しとして初めてマットレスを買う方や、硬めのマットレスがお好みの方には、自信をもっておすすめできるマットレスとなっています。




レビューは以上となりますが、より詳しく知りたい方のために製品仕様や製品の特徴についてまとめていきます。


スポンサーリンク

製品仕様

製品仕様は次の表のとおりとなっています。

製品名 シングルマットレス(ZERO LIGHT2 VB)
サイズ(幅×奥行き×高さ) 約97cm × 約197cm × 約13cm
表面生地 ポリエステル100%
重量 約13kg
スプリング ポケットコイル 450個
 線径1.8mm / 5巻き
 並行配列
スポンサーリンク

製品の特徴

この製品の特徴について、製品仕様の説明を交えてまとめていきます。

ポケットコイルだから体圧分散効果が高い

ポケットコイルとは、コイルひとつひとつが小さな筒状の袋に包まれているコイルのことです。
コイルひとつひとつが独立しているため、体の形状に合わせてコイルが伸縮します。それによりそれぞれのコイルが体を支えることで体圧が分散され、睡眠の質が高まります。

また、ボンネルコイル(コイルが連結されている)と比べると、コイルが独立していることによって寝返りの時に振動が広がりにくいという特徴もあります。

そして、コイルの配列は並行配列となっており、コイルとコイルの間に適度なスペースがあります。
それによってコイルの独立性が上がり、柔らかな寝心地が期待できます。

薄型だから見た目もスッキリ!

マットレスの厚みは13cmとなっており薄型に分類されます。

薄いと見た目がスッキリして見えるので、部屋の圧迫感が抑えられ景観が損なわれません。チェストベッドのような高さのあるベッドとも相性良く使用することができます。

薄型ということもあり他のマットレスより比較的重量が軽いので、持ち上げて立て掛けたりしやすくなっています。持ち上げやすいので、お手入れのときもらくらくです。

スポンサーリンク

まとめ

以上がレビューと製品情報になります。

マットレスの購入を検討中の方は、コストパフォーマンスに優れたこの製品を選択肢にいれてみるのはいかがでしょうか。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

よかったら、セットでニトリベッドのレビュー記事もどうぞ!



ベッドと布団で迷っている方はこちらの記事を参考にしてみてください!


最後まで読んでいただきありがとうございました。