健康

【禁煙】半年経つとどんな効果がある?まだ吸いたい?

こんにちは。絶賛禁煙中のごめ兄です。
ついに禁煙半年を迎えることができました!

今回は、禁煙して半年経つとどんな効果があるのか、そしてまだ吸いたくなるのかについてまとめていきます。
また、禁煙に失敗してしまう理由について私の考察も書いていこうと思います。

ちなみに次の画像は禁煙の記録です。


スポンサーリンク

禁煙半年の効果

禁煙半年経過後の効果としては、禁煙数ヶ月の時の効果とあまり変わらずこのような感じです。

  • お金が貯まる
  • 時間が増える
  • 肌が綺麗になる
  • 呼吸が楽になる
  • イライラがなくなる
  • 食事が美味しく感じる
  • 歯と歯茎がきれいになる

お金に関しては、一日10本吸っていた私が半年禁煙することで、約48,000円の節約となりました。当たり前ですが、禁煙すればするほどお金が貯まっていきます💰


禁煙の効果と方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事を見てみてください!


スポンサーリンク

禁煙半年でもまだ吸いたいの?

先に結論からお伝えすると、全く吸いたくなりません!

私の場合禁煙してから2週間はタバコを吸いたい気持ちが強く残っていましたが、その後は徐々にその気持ちが薄れ、2ヶ月目になるあたりからは吸いたい気持ちが全くなくなりました。

禁煙後の離脱症状(タバコを吸いたい気持ちやイライラ)の期間は長くても2~3週間といわれているので、その期間さえ乗り切ってしまえば禁煙の成功率がグンと高まります。

スポンサーリンク

禁煙に失敗してしまう理由

禁煙して2~3週間以内に失敗した人は意思が弱いからとしか言えません。
上記でも書いたとおり禁煙後の離脱症状の期間は2~3週間といわれているので、その期間内に失敗した人は、ただ単に吸いたい気持ちを我慢できなかった意思の弱い人です。


ですが、禁煙して3週間以上経ってから失敗した人は、意志が弱いからとも言い切れません。
禁煙して3週間以上経つと離脱症状がかなり薄れているはずなのに、なぜ失敗してしまうのでしょうか。

それは、このような好奇心のせいだと考えています。

禁煙さんA
禁煙さんA

別に吸いたくはないけど、どんな感じなんだっけ?

禁煙さんB
禁煙さんB

1本吸ったらまた吸いたくなるのかな?

このような好奇心から、
吸いたくないのにも関わらず、つい1本に手を出してしまうことで、
吸っていた頃の気持ちを思い出してしまい禁煙失敗となるケースがよくあります。


特に、次のようなケースには要注意です。

禁煙さんC
禁煙さんC

1本吸ったけど依存する感じはないな~
あと2、3本なら大丈夫でしょ!!


経験上、2~3本吸ったら完全アウトです。必ずまた吸いたくなります。
私自身、過去の禁煙中に、友達から2本もらいタバコした翌日にはタバコが吸いたくなっており、気付いたらコンビニでタバコを買っていた経験があります。。

禁煙後3週間以上経ち離脱症状がかなり薄れている人は、それまでの努力を無駄にしないように1本も吸わないようにしましょう。

「試しに1本ぐらい大丈夫だろう。」

その1本が命取りになってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 禁煙半年の主な効果は、禁煙数ヶ月の時の効果とあまり変わらない。
  • 禁煙半年経っても、吸いたい気持ちは全くない。
  • 好奇心での1本に要注意

以上がまとめとなります。

禁煙半年が経過してタバコが吸いたくなっている方は、今まで我慢してきた時間を思い出してなんとか思いとどまってください。ここで吸ってしまったら努力が水の泡です。
好奇心での1本にも絶対に手を出さないようにして、一緒に禁煙を継続させましょう!


ちなみに私自身はタバコがないことが当たり前の生活になってきています。
朝起きてからタバコ、ご飯食べたらタバコ、イライラしたらタバコという生活から開放され、とても快適です。

もう喫煙時代の生活には戻りたくないので、好奇心での1本に注意しながら禁煙を継続していきたいと思っています。

現在はタバコの代わりとしてコーヒーを飲んでリフレッシュしています。
特にこだわりはなくコンビニコーヒーかインスタントコーヒーを飲んでいますが、カフェイン効果で集中力が高まること加えて、冬の時期なら体も温まって最高です。

タバコじゃなくてもリフレッシュする方法はいくらでもあると、禁煙してから気付きました。
でも今度はコーヒーの飲み過ぎでカフェイン中毒にならないように気をつけます。。笑

次回は禁煙1年経過後にブログを書く予定です。
もし更新がなければ、禁煙に失敗したかブログに飽きたかのどちらかだと思ってください。笑

最後までご覧いただきありがとうございました。